8/30〜|ライターのダイチが運営している個人メディア「ダイブログ」とPENGIN BLOGを統合しました

【JDKインストールの流れ】VSCodeでW3Cバリデーションチェック

【JDKインストールの流れ】VSCodeでW3Cバリデーションチェック

お知らせ

当記事の元サイト「ダイブログ」は、8/30〜「PENGIN PLOG」と統合しました。
※元ドメイン(https://daib-log.com/〜)からはリダイレクト処理されます。

VSCodeにはW3Cに準拠したバリデーションチェックができる「W3C Validation」という拡張機能があります。

この拡張機能はただインストールしただけだと使えません。

JDKというツールをインストールする必要があるので、この記事ではその一連の流れを説明します。

VSCode拡張機能についてまとめた記事がありますので、良かったらこちらもご覧ください。

Web制作で使えるVSCodeオススメ拡張機能 【2021年】Web制作で使えるVSCodeオススメ拡張機能18選!

W3C Validationのインストール

まずはVSCodeの拡張機能メニューからインストールできます。

僕は既にインストール済みなので実際の表示と異なりますが、未インストールの方はここからインストールできます。

W3C Validationインストール画面

インストールすると右下にエラー表示されます。

Get Java Platformをクリックしてインストール画面に飛びます。

エラー表示

Java SE Development Kit(JDK)インストール画面

リンク先はこちらになります。

ダウンロードは下記位置にあるリンクから入ってください。

JDKインストールサイト

JDKインストール画面

使用しているPCのOS Installerをクリックしましょう。

インストール画面

ローカルのセットアップ

ファイルをダウンロードして、appをクリックしたらインストールのダイアログが開きます。

セットアップファイル

ダイアログは「次へ」で進めていきましょう。

vscode 再起動

ここまでの工程を進めたらVSCodeを再起動しましょう。

エディタ内のエラー表示が消えてるのを確認したらOKです。W3C Validationは自動で起動します。

時間がある人はPC自体の再起動もしておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA