Webデザイン初学者に知って欲しいムードボードの制作方法

今回は、ムードボードの制作方法について紹介していきます!

ムードボードを制作することでデザインの方向性を見つけられたり、クライアントの方とのイメージの擦り合わせがしやすくなり、お客さんの満足度も上げられるのでとてもおすすめです!!

さらに、ムードボードの制作フローは、参考のデザインを探すときにもとても活用できる方法なので、デザインのイメージを決めるの苦手な方や、デザインの方向性をクライアントの人と確認するときに不安を感じる方は、ぜひ制作してみてください♪

ムードボードとは

ムードボードとは、デザインのイメージを共有・確認する際に作成するデザインの雰囲気がわかる表です。

「かっこいいデザイン」などのように抽象的ななデザインのイメージをクライアントと確認するときに制作します。

Image from Gyazo

主にグラフィックデザイナーやインテリアなどで多く使用されるイメージの確認方法です。

 Webデザイナーでは制作しない方が多いかと思いますがイメージの共有や自分自身のデザインの方向性を決める際にも役立つのでぜひ制作してみてください!

ムードボードを作る目的

1番の目的は、デザインイメージの共有です。

デザインは、かっこいいや可愛い・シンプルなど抽象度の高い言葉で表現されてしまいます。

しかし、かっこいいというテイストであっても配色や要素によって大きくイメージは異ってしまいますよね。

そんなときに例えば、かっこいいテイストがいいなと言われた場合に下記のようなムードボードを制作し、どちらの方が希望にあうか確認を行います。

Image from Gyazo

今回は、参考なのでとても極端に制作していますが、青など他の配色でもかっこいいサイトの制作は可能です。

そういった、かっこいいから連想されるデザインをタイプ別に分けて制作することでデザインに入る前にクライアントとのデザインのイメージを共有することができます。

最終的に、選ばれたムードボードの内容がそのまま参考サイトにできたりデザインに活かせるので効率的に進めることができるのがムードボードの素晴らしさです♪

ムードボードの制作方法

ムードボードの制作方法は、

①デザインのキーワードを決める
②Pinterestで検索をする
③デザインツールにタイプごとに分ける

この3つのステップで制作することができます。

1つずつ見ていきましょう!

①デザインのキーワードを決める

まずはじめに行うのは、デザイン方向性となるキーワードを決めることです。

具体的であればあるほど効果的にムードボードを制作することができますが、最初は「かっこいい」や「可愛い」など抽象的な言葉でも問題ありません。

抽象度が高く、制作しづらい場合はターゲットが好みそうなものやことを掛け算すると制作しやすくなります。

例えば、「かっこいい」の場合は、「かっこいい」×「スーツ」や「かっこいい」×「クラブ」などとターゲットを分けることで制作がしやすくなります。

②Pinterestで検索をする

次に、キーワードをPinterestに入れて検索をしていきます。

Pinterestの素晴らしいところは、類似のデザインを下に出してくれるので最初の1つ目さえデザインを見つけられればすぐにムードボードが制作できます。

「かっこいい スーツ」 「かっこいい クラブ」とそれぞれ検索をしていきます。

Image from Gyazo

「かっこいい スーツ」と検索すると下記のように人物の画像ばかり出てきてしまう場合があります。

Image from Gyazo

その場合は、キーワードにプラスしてLPやバナーなどのワードも追加してあげると探しやすくなります!

「かっこいい スーツ LP」

Image from Gyazo

③デザインツールにタイプごとに分ける

最後に、収集したデザインをタイプごとにまとめていけば完成です。

綺麗に並べられなくても問題ないので1つのボードに詰め込んであげましょう!

Image from Gyazo

まとめ

今回は、ムードボードの制作方法について紹介していきました!

必ず制作するようなものではないですが、制作することで自分自身もイメージがつきやすくなるのでおすすめです♪

ぜひ、実践課題を行いながらムードボードを試して制作してみてください!

Webデザイン独学課題〜コーポレートサイトリニューアル〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA