8/30〜|ライターのダイチが運営している個人メディア「ダイブログ」とPENGIN BLOGを統合しました

【どれにすればいい?】Notionの料金プランを詳しく解説!

話題のメモツール「Notion」ですが、実は有料版もあり、プランを変更した方が良いか迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

Notionには、無料版、有料版含め全部で4種類のプランがあるのですが、個人利用を想定しているのは2種類のプランだけです。

今回の記事では、4種類ある各プランの説明や、料金、機能の違いを解説していきます。

ご自身の使い方に合わせて、一番使い勝手の良いプランを使ってみてくださいね!

Notionは無料で使えるツール

Notionは、タスク管理などを目的として使う分には、無料版で問題なく使用できるツールです。

2020年5月までは、無料版の制限も大きかったのですが、現在は制限も緩和され、無料版で使える幅はかなり広がっています。

では、有料版は無料版とどのような違いがあるのか、次の章から詳しく説明していきます!

Notionのプラン

まずは、Notionのプランについてご紹介します。Notionには、次の4つのプランが存在します。

・Personal

・Personal Pro

・Team

・Enterprise

名前の通り、各プランのターゲットとしては、PersonalとPersonal Proが個人利用向け、TeamとEnterpriseが複数名が参加しているチーム、企業での利用を想定しています。

Notionのプラン説明

各プランの違い・特徴

それでは、各プランの違いや特徴を見ていきましょう!

より詳しく各プランの詳細を見たい方は、こちらのページも参考にしてみてください。

Personal

こちらは、無料版の個人利用向けプランです。基本的な機能は問題なく使えますが、次の2点の制限があります。

①5MBのファイル制限がある

タスク管理などでNotionを使用するといった、テキストでの運用のみであれば問題ありません。しかし、例えば画像のアップロードなど、テキスト以外のデータが多くなると、制限を超えてしまう可能性があります。

②ゲストユーザーの招待が5人まで

Notionは他のユーザーへ共有する機能が付いていますが、Personalプランだと5人までしか招待を送ることができません。5人以上に招待を送りたい場合は、このあとご紹介する有料版を使用する必要があります。

しかし、これらの制限があったとしても、個人で利用する分にはこのPersonalプランでほぼ問題ないかと思います。

私もNotionをタスク管理で使用していますが、無料版で困ったことは一度もないです。

【簡単】Notionでタスク管理!Webデザイナーのオススメ管理術を紹介!

そのため、これからNotionを始める方や、他人へ共有する機会が少ない方は、Personalプランを使用することをおすすめします!

Personal Pro

次はPersonal Proプランです。これ以降にご紹介するプランが有料版となります。

Personal Proは個人利用向けではありますが、Personalプラン(無料版)での制限がなくなることが特徴です。

そのため、ファイルのアップロードが多い方や、ゲストユーザーへの招待が多い方など、Notionをより使いこなしたい方はPersonal Proを使ってみてください。

また、Personal Proは更新履歴が30日分残るようになっています。更新頻度が多い方にもおすすめですね。

Team

ここからは、企業や2名以上のチームといった複数名で利用する場合のプランになります。

個人向けプランとの大きな違いとしては、「ワークスペースへメンバーを追加できる」ことが挙げられます。

Notionでは、下の画像のようにワークスペースと個別ページで階層があるのですが、個人向けプランはこの個別ページにしか招待を送ることができません。

NotionのTeamプラン説明

TeamやEnterpriseでは、このワークスペースにメンバーを追加することができるので、メンバー全員が全ての個別ページにアクセスできるようになっています。

Enterprise

Enterpriseは、Teamよりさらに大きい規模の企業や大規模チーム向けプランです。規模や使用人数に合わせて、料金が変動するプランとなっています。

学生プランについて 

実は、Notionには学生プランが存在します。学生プランという名前ではないのですが、学生教職員の方は、Personal Proを無料で利用することができるんです!

利用する流れとしては、Notionのアカウントを学校のメールアドレスで作成し、Personal Proプランの下に表示される「Get free education plan」で登録すればOKです。

無料で利用できる幅が増えるので、学生教職員の方はぜひ使ってみてください!

有料プランの課金について

次に有料プランの課金内容や、方法についてご紹介します。

年払いと月払いがある

有料プランは、どれも年払いと月払いを選ぶことができます。

年払いの方がお得に利用でき、例えば、Personal Planだと月払いが$5/月に対し、年払いの月単価は$4/月になります。

ワークスペースごとに課金される

課金の基本的な考えとして、ワークスペースごとに課金されるという点があります。

アカウントは1アカウントでも、ワークスペースを複数持っていると、その数だけ料金がかかるので、注意するようにしましょう。

契約中のプラン詳細を確認する方法

サイドバー左上の「Settings & Members」を選択し、下から3番目の「Billing」をクリックするとプラン詳細が確認できます。私はフリープランなので、0円になっています。

Notionの請求画面

支払方法や通知先メールアドレスの更新方法

有料プランに入っている場合、支払い方法や請求先アドレスの欄が追加されているので、その右にある「Update」をクリックすることで、各種設定を変更することができます。 

プランの変更方法

無料版の場合、「Billing」の上にある「Upgrade」でプランを変えることが可能です。また、すでに有料プランに入っている場合は、同じ場所に「Plan」があるので、こちらで変更してください。

支払い間隔の変更方法

「Billing」内にある、「billing interval」が支払い間隔の設定になっています。こちらで、月払いと年払いが選べるようになっています。

請求・支払履歴の確認方法

こちらも、「Billing」内にある「Invoices」で確認することができます。

まとめ

今回は、Notionの料金プランについて、無料版、有料版ともに解説してきました。

無料プランのままでいい人は、個人で利用しており、他人への共有や画像などのデータアップロードが少ない方。Notion初心者の方も、初めは無料プランで問題なく使えます。

有料プランにした方がいい人は、他人へ共有する機会が多い方や、ファイルアップロードを制限なく使えるようにしたい方です。

ご自身の使い方に合わせて、Notionのプランを活用してみてください。

Notionを活用するための便利なテンプレートの配布サイトもまとめていますので、是非ご覧ください!

また、先に基本的な使い方から知っておきたいという方はこちらの記事を参考にしてみてください!

困った時はPENGIN BLOGや解説本でじっくり使い方を確認してみてくださいね!