8/30〜|ライターのダイチが運営している個人メディア「ダイブログ」とPENGIN BLOGを統合しました

【10選】ブログにおすすめ!WordPressのテーマ紹介!

WordPressでブログを始めようとする方の多くが、実は最初のテーマ選びで悩んでいます。

なぜなら、ネットやSNSを見ても、おすすめされるテーマがたくさんあり、どのテーマが自分に合うのかわかりづらくなっているからです。

この記事では、テーマ毎の特徴はもちろん、WordPressでテーマを選ぶ際に見るべきポイントも解説します。

記事を読み終えると、自分に合ったブログテーマが見つかりますよ!

また、こちらの記事ではブログサイトに絞らずおすすめしているテーマをまとめています!

Contents

ブログを始めるなら配布テーマを使ったほうが良い理由

ブログ運用をしていくうえで重要なことは、快適に記事を書き続けることができるかどうかです。

そのためには、サイトのデザインや機能の構築に時間をかけるのはもったいないです。

ノンストレスで運用しつつ、良質なコンテンツを作ることに注力するためには、サイトのカスタマイズは手軽に素早くできた方が良いので、市販の優秀な配布テーマを使うことをおすすめします。

また、ある程度勉強すれば、WordPressのテーマも自分で作れるようになりますが、市販の配布テーマ以上に精度の高いものを作るのはなかなか難しいです。

そういう意味でも、ブログをするなら当記事で紹介するような配布テーマを使った方が良いでしょう。

ブログテーマ選びのポイント

テーマ選びに重要となるポイントを紹介していきます。

記事の書きやすさ

現在のWordPressはGutenberg(グーテンベルク)というブロックエディタで記事を執筆することが一般的です。

このブロックエディタは、専門知識(HTMLなど)が無い方でも、手軽に記事が構成できる仕組みになっていますが、その分細かい装飾はしづらくなっています(個人的な感覚も入っていますが…)

ブロックエディタの対応が充実しているテーマは、下書きからWordPressへの移行・編集や、記事内の装飾も簡単にできるため、記事の執筆が捗るようになります。

サイト全体のデザイン

テーマそのものに設定されているデザインや、記事内の装飾として用意されているスタイルのことを指します。

テーマによって、予め用意されているデザインパターンの数に差がありますので、オシャレなサイトを作りたい方、オリジナル感を出したい方は重要視すべきポイントです。

また、デフォルトの状態から細かい部分をどれだけカスマイズできるかにも差はあります。

SEO対策

ブログアクセス数向上のためには、SEO(検索順位最適化)対策は必須です。

テーマによってデフォルトで対策される内容や、カスタムできる範囲が異なります。

HTMLが適切に記述されている

Googleのロボットがサイト内容を正しく認識するためには、HTMLが正しくマークアップされている必要があります。

HTML構造の違いで、検索順位が劇的に変わるということは無いですが、少なくとも減点が少ない構造にはすべきです。

この内部構造の部分は、完全にテーマに依存するため、たしかなノウハウのある制作元が作成したテーマのほうが安心できます。

サイトスピードが早いか

サイトの表示速度が極端に遅い場合はSEOに影響すると言われています。

読み込み速度はこれまでもランキング シグナルとして使用されていましたが、それはデスクトップ検索を対象としていました。 そこで 2018 年 7 月よりページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用することを本日みなさんにお伝えしたいと思います。

Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA]

また、ユーザーとしても訪問したサイトの読み込み速度は気になるところですので、良質なブログサイトを作る上で表示速度は重要視すべきポイントです。

モバイルフレンドリーである

Googleにも評価される良いWebサイトとは、ユーザーの利便性が重要なため、モバイルに最適化されたサイトであることは必須であり、SEOにも影響します。

最近のテーマは、モバイルフレンドリー(スマホ最適化)であることが当たり前になっていますので、特別に気にする必要はありませんが、最低条件としてあげています。

テーマについての情報は豊富か

  • ・サポート体制
  • ・ググった時に多くの情報が出てくるか

ブログ構築時に困った時、どれだけ情報があるかで仕上がる質も変わってきます。

ググった時にどれだけ情報が出てくるかは、利用者の数にも影響するため、特に初心者の方は、サポートが充実しているかは気にした方が良いです。

【ブログ用】WordPressおすすめ有料テーマ8選

無料テーマと有料テーマだと、カスタマイズの拡張性に大きく差があるため、ブログをストレスなく続けたい方、成果を出したい方は有料テーマを選ぶべきです。

実際に成果を出しているブロガーの多くは有料テーマを使っています。

THE THOR(ザ・トール)

Image from Gyazo

THE THORの公式サイトはこちらから

販売元フィット株式会社
料金16,280円(税込)

特徴

SEO対策やカスタマイズの柔軟性、オシャレなデザインなど、すべてにおいて高次元で揃っているテーマです。

特にデザインの拡張性が高いため、オリジナリティのあるブログサイトを作成することができます。

国内でもユーザーの多い人気テーマのため、困った時の情報も豊富にあり、サポートも手厚いです。

こんな方におすすめ

万能型のテーマなので、有料テーマの中で迷うなら「THE THOR」を選んでおいて間違いないです。

AFFINGER5(アフィンガー)

Image from Gyazo

AFFINGER5公式サイトはこちらから

販売元株式会社オンスピード
料金14,800円(税込)

特徴

ブロガー・アフィリエイター御用達の「稼げるテーマ」です。

SEO対策はもちろん、画像高速化のAMPにも対応、フィリエイト記事で汎用的なスタイルを豊富なショートコードで簡単に呼び出せたり、アドセンスの設置管理も簡単に行えるようになっています。

全体的なデザインもスタイリッシュに仕上がっていて、カッコ良いサイトを作ることができます。

こんな方におすすめ

スタイリッシュなアフィリエイトブログを始めたい方にはおすすめです。

SWELL(スウェル)

Image from Gyazo

SWELL公式サイトはこちらから

販売元株式会社LOOS
料金17,600円(税込)

特徴

ブロックエディタへの対応がトップレベルに高く、非常に記事が書きやすいテーマです。

とてもオシャレな記事内装飾が豊富に用意されており、それらをワンクリックで呼び出しながら快適に執筆ができます。

サイト全体や、一つ一つの装飾デザインもかなり洗練されています。

公式フォーラムの情報も充実しており、ユーザーから質問があった際は、開発者の了さん自身で丁寧に回答されている姿が印象的です。

こんな方におすすめ

ノンストレスで記事を書きたい方、しっかりとしたサポートを求める方はSWELLがおすすめです。

JIN(ジン)

Image from Gyazo

JIN公式サイトはこちらから

販売元ひつじ & ATLAS赤石カズヤ
料金14,800円(税込)

特徴

ブログ・アフィリエイト界隈では有名なひつじさんが開発に携わっており、トップアフィリエイターの知識やノウハウが詰まったテーマとなっています。

収益化に必須となる記事内パーツは、豊富なデザインをワンクリックで切り替えられる仕組みがあります。

また、内部SEO構造もユーザーファーストの設計となっています。

デザインテーマは全体的にフラットで柔らかい印象のものが多いです。

こんな方におすすめ

初心者でも柔らかい印象のデザインで、アフィリエイトブログを作りたいという方におすすめです。

SANGO(サンゴ)

Image from Gyazo

SANGO公式サイトはこちらから

販売元サルワカ
料金11,000円(税込)

特徴

月間100万PVのWeb系メディア「サルワカ」が開発している、洗練されたマテリアルデザインが特徴的なテーマです。

見出しやボタンなど、記事内のデザインパーツが豊富に用意されており、初心者でも簡単にカスマイズできるようになっています。

ブロックエディタの対応は「SANGO Gutenberg」というプラグインで対応していく方針のようです。

また、他有料テーマの中では若干安い方ですが、レンタルサーバーのConoHa WINGとセットで契約するとさらに割引があります。

こんな方におすすめ

マテリアルデザインが好きな方、豊富なデザイン切り替えを楽しみたい方におすすめです。

STORK19(ストーク)

Image from Gyazo

STORK19公式サイトはこちらから

販売元OPENCAGE
料金11,000円(税込)

特徴

国内2万人以上の方に利用されてきている人気テーマです。

ブロックエディタへもしっかりと対応しており、豊富な記事装飾を手軽に行えるため、記事の執筆も捗ります。

キレイ目でスッキリしたデザインも人気です。

こんな方におすすめ

国内利用実績のあるテーマを使いたい方、ブロックエディタの書き心地も気にしたいという方におすすめです。

DIVER(ダイバー)

Image from Gyazo

DIVER公式サイトはこちらから

販売元高木貴人
料金17,980円(税込)

特徴

実績のある開発チームのノウハウが詰まったテーマで、特にSEO対策には力が入っています。

対応はメールとなりますが、初心者には嬉しい無制限のサポートもついており、安心して使えるテーマとなっています。

企業サイトとして納品してきた高品質な技術を、個人ブログにも反映させたWordPressテーマです。

こんな方におすすめ

サポートの手厚さが重要で、実績のある開発者が作成したテーマを使いたいという方におすすめします。

賢威(けんい)

Image from Gyazo

権威公式サイトはこちらから

販売元株式会社ウェブライダー
料金27,280円(税込)

特徴

Webマーケティングで実績を出し続ける、ウェブライダーが販売しているテーマで、とにかくSEO対策に強いことが特徴です。

管理画面内でデザインなどを簡単に切り替えられる機能も搭載されています。

国内テーマの中ではトップクラスの販売実績もあり、フォーラムのサポートが丁寧であることも評価されていています。

こんな方におすすめ

SEO対策を最優先で注力したい方におすすめします。

【ブログ用】WordPressおすすめ無料テーマ2選

基本的に有料テーマをおすすめしますが、こちらの2つは有料テーマにもひけをとらない性能なので紹介します。

※デザインを重視したい方は素直に有料テーマを購入しましょう

Cocoon(コクーン)

Image from Gyazo

Cocoon公式サイトはこちら

販売元わいひら
料金無料

特徴

国内でもトップクラスに人気のWordPress無料テーマです。

ブログ執筆に役立つ記事装飾や吹き出しアイコン、アフィリエイトやアドセンスの運用を行いやすい管理画面など、とにかく無料テーマとは思えない程多機能です。

さすがに有料テーマと比べるとやや劣りますが、デザインスキンも豊富にあります。

こんな方におすすめ

無料でブログを始めたい方には、ほぼ全員にオススメできます。

Luxeritas(ルクセリタス)

Image from Gyazo

Luxeritas公式サイトはこちら

販売元るな
料金無料

特徴

サイトの表示速度がとにかく速いことで定評がある、非常に尖った性能をもったテーマです。

無料テーマにも関わらず、徹底された内部SEO対策により、有料テーマにも劣らない性能があります。

こんな方におすすめ

サイトの表示速度を重視したWordPressブログを目指す方におすすめできます。

まとめ

ポイント毎にまとめてみます。

記事の書きやすさを重視したい方は

  • ◾️SWELL(スウェル)
  • ◾️STORK19(ストーク)

オシャレなデザインで選びたい方は

  • ◾️THE THOR(ザ・トール)
  • ◾️SWELL(スウェル)
  • ◾️JIN(ジン)
  • ◾️SANGO(サンゴ)

表示が高速なテーマを選びたい方は

  • ◾️AFFINGER5(アフィンガー)
  • ◾️STORK19(ストーク)
  • ◾️Cocoon(コクーン)
  • ◾️Luxeritas(ルクセリタス)

とにかくSEOに強いテーマを選びたい方は

  • ◾️AFFINGER5(アフィンガー)
  • ◾️DIVER(ダイバー)
  • ◾️賢威(けんい)

WordPressのテーマ設定方法

最後にWordPressテーマの設定方法を紹介します。

①Zipファイルをダウンロード

テーマサイトからZipファイルをダウンロードします。

WordPressにアップロードする際はZip形式である必要があるため、PC内で解凍しないように。

②WordPressにアップロード

Image from Gyazo

WordPressの外観→テーマ→新規追加

Image from Gyazo

テーマのアップロードをクリックしたら「ファイルの選択」からPC内のZipファイルを選択するか、データをドラッグ&ドロップします。

③テーマを有効化

Image from Gyazo

WordPressにテーマが認識されたら「有効化」をクリックします。

「有効:テーマ名」となったらテーマ設定完了です。