VS Codeのインストールから日本語化の手順を解説

VS Codeはマイクロソフト社が提供しているテキストエディタです。
使いやすさや拡張機能の豊富さから、近年使用者が増えており、かなりメジャーなテキストエディタとなっています。

この記事では、VS Codeを初めて使う方に向けて、VS Codeのインストールから日本語化の設定方法を解説します。

VS Codeのインストール〜日本語化の設定

VS Codeのインストール

VS Codeは以下のページからインストールが可能です。

Visual Studio Code - Code Editing. Redefined

ページを開いたら、ご自身のPCのOSに合ったバージョンをダウンロードしましょう。

ダウンロードが完了したら、実行し、あとは画面の案内に従ってインストールを進めていけばOKです。

VS Codeの日本語化

インストール後のVS Codeを開いてみましょう。
すべて英語で書かれていて、わかりづらいですね。

では、日本語化をしていきましょう。

まずは左側のアイコンから、拡張機能を追加・管理するメニューをクリックします。

次に、拡張機能を検索します。
今回は日本語化の拡張機能である、「Japanese Language Pack for VS Code」を検索し、インストールしましょう。

最後に、VS Codeを再起動します。
これで、VS Codeの日本語化は完了です!

この記事ではVS Codeを日本語化する拡張機能を紹介しました。
VS Codeの拡張機能は他にもいろいろな種類のものがあり、自身が使いやすいようにカスタマイズすることができます。

以下の記事ではインストールしておくと便利なVS Codeの拡張機能についてまとめて紹介しています。

クリ★スタサイトリニューアルのお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA