【初心者必見!】WordPressのセキュリティを強化する方法

WordPressでWebサイトを構築している方でセキュリティを対策できていない方は多いのではないでしょうか。

本サイトを運営する上でエンジニアからアドバイスなど頂き実際に対策している方法をご紹介します。

セキュリティについてまだわからない方でもこの記事を読んで最低限のセキュリティ対策を行い、安心してサイト運営できるようにしましょう!

そもそもWordPressについてあまり知らないという方は、【初学者必見】WordPressとは何か?図解を活用して徹底解説!も読んでみてくださいね♩

なぜ、WordPressはセキュリティが弱いのか

WordPressのセキュリティが弱いとされている理由は主に3つあります。

・誰でも使用できるオープンソースであるため
・利用者が多いため(情報が回りやすい、ターゲットにされやすい)
・初心者の利用者が多いため

コードを見るだけでWordPressとバレてしまう点、ユーザーが多いためハッキングなどの情報も回りやすい点、初心者が多いからターゲットにされやすいというのが主な原因になります。

最低限の対策を行うことでトラブルが発生する可能性は小さくなるのでしっかりと対策していきましょう!

WordPressのセキュリティを強化する方法

ログイン画面のURLを変更する

WordPressで攻撃を受けやすいのが管理画面のログインページからです。「SiteGurad WP Plugin」を活用してログインURLを簡単に変更することができるのでぜひ活用してみてください!

「SiteGurad WP Plugin」でURLを変更するする方法

①「SiteGurad WP Plugin」をインストールして有効化する
②「SiteGurad」からログイン変更ページを選択して「オプション」にチェックを追加して変更を保存する

管理画面のユーザー名とパスワードを強化する

管理画面のユーザー名とパスワードを企業名やサイト名と近いものにしてしまうと危険性があります。

誰も推測ができないような関係のないユーザー名やパスワードを使用するようにしましょう!

ユーザー名とパスワードの変更方法

①管理画面から「ユーザー」を選択する
②ユーザー一覧から変更したいユーザーを選択して名前やパスワードを変更する

WordPressとプラグインのバージョンを最新にする

WordPressのバージョンやプラグインのバージョンが古いとそこからセキュリティを犯されてしまう可能性があります。

必ず最新の状態を保つようにしましょう!

不要なプラグインを削除する

こちらもバージョンを最新に保つことと同様に重要なセキュリティ対策になります。使用しているプラグイン以外は削除を行い、危険を極限まで減らすようにしましょう!

WordPressのセキュリティを強化できるプラグイン

SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP Pluginを使用することで、ログインページのURLの変更やログイン時に画像認証をつけることが可能です。

このような対策を行うことで、危険性の高い管理画面へのログインページを強化することができます。

必ず使用して最低限の対策を行いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA